> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
パチンコやめちまえ
石原慎太郎都知事。
勝利会見で原発事故による電力不足について触れ
「パチンコと自動販売機で合わせて1000万キロワット近い量が使われている」
とくにパチンコに対して「国は政令を出せばいい」「やめちまえ」と発言した。

一部では「正論」などと盛り上がっているが、芸能界は真っ青だ。
真っ先に反論したくなるのは神田うのか。
うのはパチンコチェーン大手「日拓」社長の西村拓郎氏が夫。
日拓は昨年12月期のグループ全体の売上高1632億円だが、新宿、渋谷、高田馬場、上野など都内に大型店がある。
営業が制限されたら売り上げが減るのは確実だ。
伊東美咲現金化 仕組みも「冗談じゃない!」の心境か。
夫はパチンコの大手メーカー「京楽産業」社長の榎本善紀氏で今なら人気機種「巨人の星クレジットカード現金化 店舗」「あしたのジョー」「水戸黄門2」などがある。
規制されればサラリーマンのファンもガッカリだ。

これからキャラクター台が発売されるタレントも直撃する。
キャラクター台になればタレントのランクにもよるが、肖像権の使用料などで3000万円程度の収入になる。
「規制が実現すると企画がキャンセルか無期延期の可能性大。
ファンの間で待望されている浜崎あゆみのパチスロの企画やダウンタウン、雨上がり決死隊、スリムクラブなどの芸人やKARAクレジットカード現金化 詐欺を起用したパチンコ&パチスロの企画も頓挫するかもしれない。
関係者は石原発言にはナーバスになっている」(事情通)

さらに、芸能人による“パチンコ営業クレジットカード現金化 違法”も激減する。
芸人や歌手がホールでサイン会や握手会ブラックok 融資を行うと1回で数十万円の収入になる。
「京本政樹や千昌夫、梅宮辰夫クラスなら1回200万円以上」(事情通)という情報もあるほどだ。

テレビ局などメディアも笑ってられない。震災前はメディア全体で年間100億円近い広告出稿量があったといわれ、こちらは売り上げに大きな影響が出る。

2年前には「パチンコCR石原裕次郎」というキャラクター台が出ているが、都知事はそれでも強気に出る気か。
[PR]
# by wkxywm7bpu | 2011-04-18 13:42
雑記帳 落書きカメの捕獲失敗 山梨県職員ら(毎日新聞)
 「カメデス」と甲羅に落書きされたカメがいる舞鶴城公園(甲府市)を管理する山梨県が11日、カメの落書きを消すための捕獲作戦を約1時間半にわたり展開した。カメは意外にすばしこく、失敗に終わった。

 県職員ら6人がパンでおびき寄せたり、柄が5メートルある網を駆使。しかし気配を察したカメはすぐ堀の水中へ。「犯人は、あらかじめ落書きしたカメを放したのでは」というぼやきも飛び出す始末。

 落書きは白ペンキのようなものが使われているが、捕獲して塗料の種類を調べないと、消し方も分からない。作業に加わった公園管理会社の社員は「会社に戻って作戦会議です」と現場を後にした。【水脇友輔】

【関連ニュース】
カメ:甲羅に落書き「カメデス」 甲府の舞鶴城公園
世界の雑記帳:NY5番街の歩道に落書き、「地元民」と「観光客」分ける
落書き:甲羅に「カメデス」−−甲府の堀 /山梨

九州北部と山口が梅雨入り 平年より7日遅く(産経新聞)
<牛白血病>感染肉出荷 獣医師検査ミス、125キロ回収し廃棄−−福岡(毎日新聞)
<小惑星探査機>「はやぶさ」カプセルは工夫満載(毎日新聞)
<はやぶさ>地球の撮影が最後の仕事に…JAXA、画像公開(毎日新聞)
新内閣、色濃い「論功行賞」…脱小沢も鮮明に(読売新聞)
[PR]
# by wkxywm7bpu | 2010-06-18 10:43
複数の名前使い分け申請 NPO元代表、5区役所で(産経新聞)
【貧困ビジネス】

 NPO法人「いきよう会」(解散)による生活保護費詐取事件で、元代表の由井覚容疑者(51)=詐欺容疑で逮捕=が、囲い込んでいた保護者約10人を連れて大阪市南部の5区役所を渡り歩き、敷金扶助などを申請していたことが1日、市関係者への取材で分かった。当初は政治団体の名刺を使用、その後動物愛護団体のメンバーを装い、最終的に「いきよう会」代表を名乗るようになった。府警捜査4課は、時々の情勢に応じて肩書を使い分けていたとみている。

 関係者によると、由井容疑者が訪れていたのは西成、阿倍野、住吉、東住吉、生野の少なくとも5区役所。由井容疑者は以前、阿倍野区周辺で土地売買にからむ仕事に携わっていたといい、土地勘のある市南部地域を選んで活動していたとみられる。会の事務所を置いていた北区周辺では支援活動を行っていた形跡はなかった。

 平成17年11月に保護申請相談で西成区役所を訪れた際は、指定暴力団山口組傘下の有力組織、弘道会と関係が深いとされる政治団体の名刺を差し出した。「吉井妙蓮」と名前が書かれ、住所は住吉区になっていたという。

 対応した職員によると、声を荒らげることもなく理路整然と話し、不自然さはなかった。次に姿を現したときは、動物愛護団体の名前を刺繍(ししゅう)で織り込んだ作業服姿。18年後半には「いきよう会」代表を名乗るようになった。

 西成区役所で由井容疑者が申請にかかわったのは3世帯。職員は、受給者を変えながら何度も訪れることに不信感を抱くようになったというが、「保護の条件に該当する人だったので支給せざるを得なかった」と話した。

 府警は1日、詐欺容疑で、由井容疑者ら4人を送検した。

【関連記事】
貧困ビジネス 逮捕の自称NPO代表「囲い屋と違う。お礼は受け取ってない」 
「弱者の味方」実体は… 敷金扶助、群がる不動産業者
これが貧困ビズ「囲い屋」の手口、巧みに生活保護申請させ紹介料
大阪市が貧困ビジネス排除策 業者より先に受給申請者を囲い込み
「貧困ビジネス」で蓄財5億円 名古屋国税局、無料低額宿泊所運営団体を告発
「はやぶさ」帰還へ

<傷害容疑>女子高生の顔切りつける 22歳男逮捕 山形(毎日新聞)
<平野長官>官房機密費使途 引き継ぎに慎重(毎日新聞)
参院選、単独過半数目指す=民主・輿石氏(時事通信)
生活保護費詐取事件 元代表、名前複数使い分け(産経新聞)
民主支持回復29%、辞任評価69%…読売世論調査(読売新聞)
[PR]
# by wkxywm7bpu | 2010-06-07 22:14
元船長、傷害罪を否認=シーシェパード捕鯨妨害初公判―東京地裁(時事通信)
 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)による調査捕鯨船妨害事件で、傷害や威力業務妨害などの罪に問われたSSの小型高速船元船長でニュージーランド国籍のピーター・ベスーン被告(45)の初公判が27日、東京地裁(多和田隆史裁判長)であった。ベスーン被告は、酪酸入りの瓶で船員にけがを負わせたとされる傷害罪について、「いかなる人も傷つける意図はなかった」と否認した。
 ほかの四つの罪については起訴内容を認めた上で、威力業務妨害罪について「背景にはいろいろな事情があり、これからの審理で明らかにしたい」と述べた。
 ベスーン被告は2月15日に南極海を航行していた日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に侵入。3月12日に同船が東京港に入港した際に逮捕された。
 起訴状によると、ベスーン被告は2月11日、第2昭南丸に向けて酪酸入りのガラス瓶を発射。酪酸を飛散させて甲板上にいた乗組員に軽傷を負わせ、同船の業務を妨害したなどとされる。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
〔写真特集〕調査捕鯨
児童殺害予告で28歳男を逮捕=「防災無線うるさい」
爆発物騒ぎで、男を逮捕=ハローワークに包み置く
逮捕されても戦い続く=マグロ密漁妨害で出港へ

<口蹄疫>エース級種牛感染疑い…避難6頭中の1頭(毎日新聞)
【暗流 公益法人仕分け】天下り法人、特権にあぐら 「資格・検査」実務丸投げも(産経新聞)
酒の安売り、飲み放題の規制強化へ…WHO指針(読売新聞)
国道側溝に切断された両足=死体遺棄事件で捜査―新潟県警(時事通信)
<爆発>自販機横のごみ箱、けが人なし 愛知・一宮(毎日新聞)
[PR]
# by wkxywm7bpu | 2010-05-28 22:32
元副署長の整理手続きは7月=明石歩道橋事故―神戸地裁(時事通信)
 兵庫県明石市の歩道橋事故で、検察審査会の議決を受け、業務上過失致死傷罪で強制起訴された元県警明石署副署長榊和晄被告(63)について、神戸地裁は14日までに、第1回公判前整理手続きを7月29日に行うことを決めた。
 榊被告は神戸第2検察審査会が強制起訴できる「起訴議決」をしたことで、制度導入後初のケースとして、4月20日に地裁が指定した検察官役の弁護士に在宅起訴された。指定弁護士は証拠整理に時間がかかるとして、地裁に初回の公判前整理手続きまで3カ月空けるよう求めていた。 

【関連ニュース】
JR西歴代3社長を強制起訴=検察審議決で弁護士
歩道橋事故、元副署長を強制起訴=検察官役、制度導入後初
元副署長、20日に強制起訴=検察審査会の議決受け
元明石署副署長を聴取=歩道橋事故で指定弁護士
元副署長、4月にも聴取の意向=起訴議決で指定弁護士

ギョーザ袋の穴見逃し「捜査ずさん、誠に残念」(読売新聞)
元経理担当罪状認める 北教組違法献金初公判(産経新聞)
小沢氏3回目の聴取 東京地検、「起訴相当」議決受け(産経新聞)
CO混入? 2人中毒症状=調理場、鮮魚ケースから検出―東京(時事通信)
<普天間移設>「沖縄の負担全国で」…首相、理想タテに続投(毎日新聞)
[PR]
# by wkxywm7bpu | 2010-05-20 15:26